マッサージの効果について

マッサージはただ気持ちいいだけなんでしょうか?マッサージすることで効果があるものとは何なのでしょうか?

マッサージで期待できる効果について

マッサージの効果は、大きく、疲労回復と自立神経のバランス改善の2つがあります。まず、疲労回復につながるものとしては、血流・リンパの流れの改善があり、凝り固まった筋肉をほぐすことで血流とリンパの流れを良くすることができます。次に筋肉のストレッチ効果があります。筋肉は圧をかけることで局所的なストレッチ効果が発生するようになり、適度に行うことで固く凝った部分をほぐすことができます。人間には細胞内でエネルギーを作り出すミトコンドリアと呼ばれる小器官があり、その機能が低下することで慢性的な疲労状態に陥ると言われています。マッサージはミトコンドリアのエネルギー産出量を増加させる効果があり、疲労回復につなげることができます。身体は、ストレスがかかることで自立神経が交換神経優位になるなどバランスが崩れ、その結果、身体も緊張することで固まりやすくなります。マッサージは緊張状態からリラックス状態にする効果があり、行うことで身体を休める副交感神経を活発に働かせることができます。

マッサージで期待できるリラックス効果

筋肉の緊張や肩こりなどをほぐす効果のあるマッサージには、身体の緊張を解消するだけで無く、精神的にも良い影響が与えられる効果も期待できます。現代社会はストレス社会とも言い換えられるほど、日々さまざまな緊張や不安、ストレスにさらされる機会が多くあります。マッサージを受けることによって、交感神経の活動が抑えられ、心身をリラックスさせる副交感神経の働きが活発になります。ストレスを感じると身体にはコルチゾールという副腎皮質ホルモンの量が増えます。マッサージを受けることによってこのコルチゾールが減少する事も分かっており、マッサージはストレスを解消して心身のリラックス効果を高める事が立証されているのです。また、副交感神経は寝ている時やリラックスしている時に活発に活動しています。即ち、マッサージによって副交感神経の活動が促されることは、不眠改善の効果も期待できると言うことになります。夜ぐっすりと眠れることによって、身体の緊張や疲れをさらに癒やすことが出来る様になるのです。